ペニス増大サプリ「ヴィトックスα」が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【衝撃】ヴィトックスαで3センチUP?リアルな効果が知りたい!画像付き口コミまとめ

ペニス増大 ペニス情報・コンプレックス解消 成分

ペニス増大にアルギニンが欠かせない!?その効果と摂取量について

更新日:

アルギニンはエナジードリンクや栄養ドリンク、精力剤などの様々な健康補助食品に配合されています。

そのため「疲れているときにはアルギニンが良い!」と考えている方も多いことでしょう。

しかし、アルギニンの詳しい効能について知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

ペニス増大サプリメントで有名な「ヴィトックスα」にもアルギニンが配合されていますが、ペニスとアルギニンの関係性を知ることはペニスを大きくするうえで大切です。

そこで本記事ではアルギニンとペニスの関係性や、アルギニンの摂取量の目安や副作用の危険性について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

アルギニンとは?

アルギニンとは、1886年にドイツのマメ科の植物の芽から発見したアミノ酸の一種です。

人間の組織内にあるタンパク質の合成を促して成長ホルモンの分泌増加の手助けをしてくれる大切な成分です。

アルギニンは体内でも合成されるほか、肉、魚、豆、乳製品などの食品からも摂取できます。

 

ペニスを大きくするためにも成長ホルモンの分泌は欠かせませんが、残念なことにアルギニンの分泌は10代をピークに年齢と共に減少していくことが分かっています。

そして40代になるとアルギニンの分泌量は10代のときの4分の1にまで減少します。

アルギニンはペニス増大にも大きく関係している成分なので、加齢に負けずに効率よく摂取していきたいですね。

 

アルギニンの3つの効果がペニスを成長させる!

アルギニンとペニスの関係性ですが、主に下記の3つ効果が挙げられます。

 

  • 成長ホルモンの分泌を促進
  • 男性ホルモンの分泌を促進
  • 血行促進

ここからはそれぞれの効果をひとつずつ見ていきましょう。

 

成長ホルモンの促進

成長ホルモンは体の成長に欠かせないものですが、年齢を問わず誰にでも必要です。

もちろんペニス増大にも成長ホルモンは大きく関係しています。

なぜならペニスが勃起するときに海綿体に血液を運ぶ役割を担っているのが成長ホルモンだからです。

 

成長ホルモンが活発に分泌されることでペニスが勃起しやすくなり、さらに成長ホルモンの作用によって海綿体の成長が促されます。

身長など外見の成長は10代の頃にほとんど止まってしまいますが、ペニスの成長において年齢はほとんど関係ありません。

 

成長ホルモンのうんちく

成長ホルモンの分泌量は10代の思春期にピークを迎え、身長や体格の成長のサポートをしてくれます。

その後も体にある成分をエネルギーに変える役割(代謝)を果たしてくれるので、思春期を過ぎても成長ホルモンは人間の体に欠かせません。

そのため、成長ホルモンの分泌が少ないとペニスが大きくならなかったり身長が伸びにくいといった影響が出てきてしまいます。

しかし、ここで誤解してはいけません。

年齢と共に体の成長が止まるのはあくまでも

 

「骨格が関係している部位のみ」

 

で、筋肉やペニスなどは大人になっても十分に大きくなる可能性があります。

筋トレをしたら腹筋が割れるし、ジョギングをすれば足腰が鍛えられますよね?

それと同じでペニスも大きくすることが可能です。

 

男性ホルモンの分泌を促進

アルギニンは成長ホルモンだけでなく男性ホルモンの分泌も促してくれます。

男性ホルモンにも様々な種類がありますがどれもペニスの成長や勃起力の向上には欠かせません。

そして男性ホルモンの分泌量は若い頃にピークを迎えますが、男性ホルモンが分泌され続けている限りペニスは大きくすることが可能です。

たとえ10代の頃のように男性ホルモンが大量に分泌されないとしても、ホルモンの分泌量が促進されればおのずと勃起力はアップします。

分かりやすいように例えるならば、

 

  • 男性ホルモン・・・ペニス内での現場監督
  • 血液・成長ホルモン・・・ぺニスを大きくする作業員
  • 海綿体・・・作業現場

 

といったところでしょうか。

ただし、男性ホルモンの分泌量が少ない場合は現場監督(男性ホルモン)の仕事が疎かになり、血液や成長ホルモンに指令が行きわたりにくくなってしまいます。

その結果、ED(勃起障害)を引き起こすことに繋がることもあるのです。

これを防ぐためにも勃起する回数を増やして海綿体の容量を広げ、ペニスを大きくすることが大切です。

 

男性ホルモンの他の役割

男性ホルモンはペニスの増大以外に下記のような役割を持っています。

 

  • 男らしい筋肉質な体を作る
  • 髭や体毛の濃さ
  • 活発な精子の生成
  • 日常生活のバイタリティを高める

 

血行促進

アルギニンには血管を拡張して血行を促進する作用があります。

血管が広がることで血液がサラサラな状態で体を循環するようになります。

ペニスの増大で大切なのは、海綿体に血液が集中しやすい状態を作って勃起しやすい環境を整えることです。

血液の循環が改善されなければペニスはいつまでたっても大きくなりません。

 

は相性抜群!

シトルリンはウリ科の植物に含まれているアミノ酸の一種で、血流改善や動脈硬化の予防に効果的です。

血流改善作用があるのでアルギニンと一緒にペニス増大サプリメントに配合されていることが多い成分でもあります。

一緒に配合されることが多い理由は、アルギニンとシトルリンの相乗効果により血行促進や有効成分の吸収率がアップするからです。

 

相乗効果による血行促進

「シトルリンはアルギニンに変化するんだから、アルギニンだけ摂取すればいいんじゃないの?」

 

そう思う方もいるかもしれません。

確かにシトルリンは体内でアルギニンに変化しますが、変化する過程で物質が失われるとも言われています。

また、シトルリンがアルギニンに変化するときに一酸化窒素(NO)が生成されるのですが、これが血管の拡張・血行改善に欠かせません。

つまりシトルリンを摂取しなければアルギニンとの相乗効果が得られないということになります。

 

なお、一酸化窒素は体内でも生成されますがその量は加齢とともに減少していきます。

一酸化窒素が不足すると高血圧や高血糖、冷え性、動脈硬化などの病気の原因になりかねません。

健康な生活を送るためにもアルギニンとシトルリンを摂取して一酸化窒素(NO)の生成を促すことが大切なのです。

健康が維持できて血管も丈夫になるので、これらの成分を摂取することは体にとって良いこと尽くしですよ。

 

体内での吸収率

アルギニンとシトルリンの吸収率は、単体で服用するのと一緒に服用するのでは大きく異なることをご存知ですか?

まず、それぞれが単体で配合されているサプリメントを服用した場合の吸収率は下記の通りです。

 

  • アルギニン・・・40%
  • シトルリン・・・60%

 

アルギニンに至っては全体の40%しか体内に吸収されません。

いくら質の良いサプリメントを飲んでもこれでは勿体ないですよね。

 

一方で、アルギニンとシトルリンを同時に摂取した場合の吸収率は約1.5倍になると言われています。

※製薬メーカー協和発酵バイオによる実験結果より

単純に計算をすると

 

  • アルギニン・・・60%
  • シトルリン・・・90%

 

という数値になります。

単体で摂取したときの吸収率と比較するとその差は歴然です。

さらにアルギニンとシトルリンそれぞれが作用するので、効果が発揮されるまでにかかる時間も短縮すると考えられます。

 

「ペニスを早く大きくしたい」

 

「即効性が欲しい」

 

という方はアルギニンとシトルリンを一緒に摂取しましょう。

 

アルギニンの1日の摂取量の目安!効率的に摂取するには?

アルギニンの1日当たりの摂取目安量は2,000~4,000mgです。

ペニス増大を意識するのであれば最低でも3,000mgは摂取したところですが、3,000mgをエナジードリンクに換算すると約15本分になります。

このことからエナジードリンクでアルギニンを補うのは不可能だと言えます。

 

アルギニンを効率的に摂取するには?

アルギニンはエナジードリンクだけでなく身の回りの様々な食べ物に含まれています。

例えば肉や魚、豆類や乳製品にも含まれていて、下記のような一般的な食事の場合は1,500~2,000mgまでは摂取することができます。

 

  • 白米茶碗1杯
  • みそ汁
  • 肉・野菜、副菜料理

 

なお、「忙しくてなかなか食事管理ができな・・・」という方は手軽にアルギニンが摂取できるサプリメントを取り入れるのがおすすめです。

サプリメントを購入する際はアルギニンの含有量が1粒あたり200mg以上のものを選びましょう。

普段の食事にプラスして服用することでアルギニンが効率よく摂取できます。

 

アルギニンを摂取するタイミングは?

アルギニンは就寝前の服用がおすすめです。

なぜなら成長ホルモンの分泌が最も活発になるのが就寝中(22時~2時)だからです。

なお、寝る直前ではなく寝る1時間前に飲むようにしましょう。

サプリメントは摂取してから体内に吸収されるまでにある程度の時間がかかるので、その時間を考えて服用することが大切です。

 

アルギニンの安全性と副作用について

アルギニンは体内で生成できる非必須アミノ酸の一種なので副作用の危険性はありません。

仮にアルギニンを1日10,000mg摂取したとしても副作用が起こる危険性はほとんどないと言われています。

ただし、身体が弱い方は過剰摂取をすると副作用が起こるリスクが高まるので気を付けてください。

どんなに体に良い成分だとしても摂り過ぎは禁物です。

 

身体が弱い人が過剰摂取をするとどうなるの?

身体が弱い人が毎日10,000mg以上のアルギニンを摂取し続けると、ごく稀に胃痛や下痢などの症状が表れることがあります。

また、不可能な数値ではありますが、仮に肝臓や腎臓などの内臓機能に疾患がある人がアルギニンを40,000mg以上摂取すると、最悪の場合死に至ることがあります。

ただしアルギニンを40,000mg以上摂取することは不可能なので参考程度にとどめておいてくださいね。

 

誰が摂取しても安全なの?

先ほどご紹介したように、アルギニン自体に副作用の危険性はないので特に心配する必要はありません。

ただし、下記の疾患がある方は病状が悪化する可能性があるので摂取を控えてください。

 

ヘルペス

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することで発症する口内疾患で、主に下記のような症状が表れます。

 

  • 口の周りや鼻の下に水ぶくれができる
  • かゆみ
  • ひりひりする

 

アルギニンにはヘルペスウィルスの増殖を促進する働きがあるので注意してください。

アルギニンがウイルスの栄養源になるとヘルペスが悪化して症状が長引いてしまいます。

 

 

統合失調症

統合失調症は一言で説明すると”精神疾患”の病気です。

病状によって

 

「前兆期」

 

「急性期」

 

「休息期」

 

「回復期」

 

の4つの段階があり、さらに遺伝的要素と神経伝達物質に分けられます。

アルギニンは非必須アミノ酸ですが、神経伝達物質もアミノ酸に分類されるためアルギニンを過剰摂取すると体内の成分のバランスが崩れて症状が悪化する可能性があります。

さほど心配する必要はありませんが、念のため頭の片隅に置いておいてください。

 

まとめ

アルギニンは成長ホルモンの作用を促すことからペニスの増大には欠かせません。

正しい食生活を意識していれば1日の摂取目安量は食事でカバーできますが、

 

「しっかりとアルギニンを摂取したい」

 

という方はサプリメントを取り入れるのがおすすめです。

僕も食事を意識しながらサプリメントを飲んでいます。

成長ホルモンとの相乗効果を考えるとアルギニンの摂取は必要不可欠だと言えます。

 

 

必見!
女性が思うペニスの理想サイズとは?実際に聞いてみた!小さいペニスに対する本音

自分のペニスに対してコンプレックスや悩みを抱えている方は多いと思います。 「一度も悩んだことがない」という方はほとんどい ...

続きを見る

 

-ペニス増大, ペニス情報・コンプレックス解消, 成分

Copyright© 【衝撃】ヴィトックスαで3センチUP?リアルな効果が知りたい!画像付き口コミまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.