ペニス増大サプリ「ヴィトックスα」が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【衝撃】ヴィトックスαで3センチUP?リアルな効果が知りたい!画像付き口コミまとめ

ペニス増大 ペニス情報・コンプレックス解消 成分

亜鉛がペニスの成長をサポート!期待できる効果と必要な摂取量って?

更新日:

亜鉛はペニス増大サプリメントによく配合されている成分のひとつです。

また、体に必要なミネラルとして様々な健康補助食品にも配合されています。

骨格や筋肉など人間の身体に欠かせない成分なので亜鉛の存在を知っている方は多いことでしょう。

 

しかし、亜鉛がペニスにもたらす効果については知っていますか?

亜鉛の効果を理解することでより効率よく亜鉛が摂取できるようになるはずです。

そこで今回は亜鉛とペニスの関係性や必要な摂取量についてもまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

 

そもそも亜鉛とは?

亜鉛と聞くと金属をイメージする方が多いと思いますが、実は亜鉛は人間の身体に欠かせないアミノ酸のひとつでもあります。

タンパク質の合成や骨格の発達、代謝の向上、性ホルモンの合成や精子の生成など様々な効能が期待できます。

亜鉛は体内に存在していますが、体内ではほとんど生成することができません。

そのため食事やサプリメントで補わなければならないのです。

 

亜鉛の効果がペニスの成長をサポートしてくれる

最初にお伝えしておきますが、亜鉛そのものにはペニスを大きくする効果はありません。

 

「亜鉛を摂取すると必ずペニスが大きくなる」

 

「ペニスに良い影響を与える」

 

というのは間違いで、正しくは

 

ペニスを大きくするサポートをしてくれる

 

のが亜鉛の効能です。

 

男性ホルモンの分泌を促進

亜鉛には男性ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。

男性ホルモンの分泌が活発になると血液の循環が改善して海綿体に血液が集まりやすくなります。

そうすることで勃起力が向上してペニスが鍛えられていくのです。

しかし、男性ホルモンの分泌量は10代~20代をピークに年齢とともに減少していきます。

 

「30代になって性欲がなくなった」

 

「勃起しなくなった」

 

といった悩みが増えるのは男性ホルモンが減少しているためです。

多少の減少であればそこまで大きな影響はありませんが、基準値以下まで減少するとED(勃起不全)になる可能性があります。

 

精巣の活性化

精巣とは睾丸(こうがん)のことです。

キンタマと言えば分かりますよね。

精巣は精子をつくる大切な臓器ですが、精巣の働きが活発になると精子の生成が促されて睾丸が大きくなります。

そして溜まった精子を排出するために性欲が高まったりムラムラすることでペニスに血液が集中して勃起します。

ペニスが勃起をするためにはたくさんの血液が海綿体に集中する必要がありますが、この働きのサポートをしてくれるのが

 

「シトルリン」

 

 

「アルギニン」

 

「亜鉛」

 

などのアミノ酸なのです。

血液と一緒に成長ホルモンの分泌に欠かせない栄養素を海綿体に送ってくれるので、ペニスの成長にも効果的だと考えられます。

 

テストステロンの分泌量がアップ

勃起しやすい人がいれば勃起しにくい人もいるかと思いますが、これは男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量の違いが関係しています。

そもそもテストステロンは睾丸の間質細胞の中で様々なステップを経て生成されます。

男性ホルモンの中で最も作用が強いため、テストステロンの分泌量を増やすことができれば自然と勃起力も向上します。

 

韓国の検討では毛髪の亜鉛の濃度が高い男性のテストステロンは高値であり、 亜鉛の摂取がテストステロン維持に重要であるとしている。
出典 日本Men’s Health医学会

 

亜鉛はこのテストステロンを維持するために欠かせない成分なので積極的に摂取しましょう。

 

精子の活動量がアップする

亜鉛は血流改善やテストステロンの維持に欠かせませんが、実は活発な精子を生成するための重要な役割も担っています。

 

限外濾過性亜鉛すなわち低分子結合亜鉛は精子運動能に関係していることが示唆され、限外濾過性亜鉛濃度は精子運動能に関するmarkerとして有用と思われた。
出典 男性不妊と亜鉛に関する基礎研究

 

上記の男性不妊と亜鉛に関する基礎研究の結果を見ると、運動率の高い精子を生成するためには亜鉛が欠かせないということが分かります。

不妊の原因は女性だけでなく男性側に問題があることも多いのが現状です。

不妊に悩んでいる方や子どもを望んでいる方はぜひ積極的に亜鉛を摂取してくださいね。

 

亜鉛の1日の摂取量の目安!効率的な摂取方法は?

亜鉛の1日当たりの摂取目安量は10~12mgですが、体内で生成できるのはわずか1.5mg~2.3mgです。

どれだけ健康な人でも上記以上の亜鉛を生成することはできないため、食べ物やサプリメントでの摂取が欠かせません。

そして亜鉛は体内に蓄積できないので毎日摂取することが大切です。

ただし、亜鉛の体内での吸収率は約10~30%程度なので下記の成分と併せて摂取するのがおすすめです。

 

  • 動物性たんぱく質
  • クエン酸
  • ビタミンCなど

 

亜鉛を効率的に摂取するには食べ物とサプリメントどっちが良いの?

手軽に摂取するという意味ではサプリメントがおすすめです。

1粒につき5~6mg配合されているものもあるので、1日2~3粒摂取すれば1日の亜鉛の摂取量を簡単にクリアできます。

なお、サプリメントで摂取する際は亜鉛の吸収率を高めてくれるビタミンCが配合されているものを選びましょう。

 

亜鉛を食べ物から摂取するのは難しい

亜鉛は魚介類や牛乳、たまご、肉類など様々な食品に含まれています。

中でも亜鉛を最も多く含んでいるのが

 

「海のミルク」

 

と呼ばれている牡蠣です。

牡蠣には100gあたりになんと13mgもの亜鉛が含まれています。

100gは牡蠣5粒に相当する量なので、毎日牡蠣を5粒食べれば身体に必要な量の亜鉛が摂取できます。

しかし牡蠣を毎日食べるのは金銭的にも負担がかかりますし、下手をすると食あたりを起こす可能性があります。

したがって亜鉛の摂取を食事で補うのは難しいと言えます。

 

亜鉛を摂取するタイミングは?

亜鉛は就寝前に摂取するのがおすすめです。

男性ホルモンの分泌を促す作用があるので、男性ホルモンの働きが活発になる就寝中に作用するように摂取しましょう。

男性の性器は就寝中に勃起を繰り返しているため、男性ホルモンの分泌が活発になれば勃起の回数が増えてペニスの成長が促されます。

 

亜鉛の安全性と副作用について

結論から述べると亜鉛には副作用の心配はほとんどありません。

ただし、短時間で大量に摂取したり毎日過剰摂取を繰り返すと急性亜鉛中毒を引き起こす危険性があります。

摂取目安量を守っていれば急性亜鉛中毒が起こることはありませんが、牡蠣を一度に30個以上食べるなどの危険な行為は避けてください。

 

過剰摂取は危険だが、亜鉛不足はもっと危険?!

亜鉛の過剰摂取よりも問題視されているのが体内の亜鉛不足です。

亜鉛が不足した状態が長期間続くと下記のようなリスクが高まります。

 

亜鉛欠乏症は、乳児および小児の成長の遅れ、思春期における性的発達の遅延、および男性のインポテンスの原因となります。亜鉛欠乏症は、脱毛、下痢、目や皮膚のただれ、食欲不振の原因にもなります。また、体重減少、創傷治癒の問題、味覚の消失や覚醒状態の低下も起こりえます。
出典 厚生労働省 統合医療情報発信サイト

 

亜鉛欠乏症を発症するとペニスの成長だけでなく体全体に様々な不調が起こります。

亜鉛の1日あたりの摂取目安量は食生活だけでは補うことができないので、亜鉛欠乏症を防ぐためにも日ごろから意識して亜鉛を摂取しましょう。

亜鉛サプリメントの摂取を日課にしてもいいかもしれませんね。

 

亜鉛不足でペニスが小さくなることはある?

亜鉛が不足しているからと言ってペニスが小さくなることはありません。

ただし亜鉛が著しく不足して亜鉛欠乏症を発症すると、性欲が減退したりペニスの成長が遅れる可能性があります。

また、精子の量が減少するため、勃起しづらくなったり射精時の快感が薄れてしまうことも考えられます。

 

まとめ

亜鉛はペニス増大に欠かせない成分です。

健康な体を維持するためにも亜鉛は積極的に摂取しましょう。

亜鉛は食事だけでは十分な量が摂取できないのでサプリメントがおすすめです。

サプリメントを選ぶ際は亜鉛の吸収率を高めてくれる成分が配合されているものを選びましょう。

 

必見!
女性が思うペニスの理想サイズとは?実際に聞いてみた!小さいペニスに対する本音

自分のペニスに対してコンプレックスや悩みを抱えている方は多いと思います。 「一度も悩んだことがない」という方はほとんどい ...

続きを見る

 

-ペニス増大, ペニス情報・コンプレックス解消, 成分

Copyright© 【衝撃】ヴィトックスαで3センチUP?リアルな効果が知りたい!画像付き口コミまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.